狙っていた不動産の入札で無事とることができました。


こんにちは、今日もソソグーの帆足です。

昨日は、入札で取りたかった、いや、もう取る予定で色々手配していた案件を取ることができました。

この話です。

相続財産管理人がついている物件に翻弄されています。

結局、当初よりだいぶ価格も上がってしまいましたが、最終的になぜか競売方式から、入札方式に変わってしまいました。

途中で話が違うなどとクレームを言ったのでこうなったのですが、そこですんなり買取すればよかったと、本当に人が絡むことはどう転ぶかわからないな、ととても勉強になりました(泣)。

ここで書いている競売方式とは、お互い金額を言い合って、どちらか降りるまで続くやりかたのことで、当初はそのやりとりでソソグー不動産で買い取ることが確定していたんです。でも、契約になって聞いていないことがでてきて、実質より価格が高くなる話になったので、**それは違うでしょ**ということを主張したんですよね。

それによって「また競売方式に戻る」とこの管理人の弁護士がいい出したので、結局それによって主張したときの金額はすぐ同額くらいになってきたわけです。

そして、ここまでで既に1年と半年くらいは経過してきているので、そのせいか「もう入札方式で恨みっこなしで決める」と管理人が言い出しました(泣)。

これまでたくさんやりとりしてきましたので、心理的なところを考えつつ、確実に勝つ、でも相場を考えるとちゃんと再生してあげれば高買いにはならない、そんな金額を提示したところ無事とれました。

先方はある程度予想した金額を出してきていましたが、うちとも同じ金額になることを予測していたのか、金額は○○○1万円という、1万円で最後勝つようなやり方をしていました(笑)。

ずりぃなおいwと言いたいところですが、次回はその手を使おうと思います。

再生後は資産価値のある、面白い案件になる予定です、こうご期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』