喉周りからの影響 / 自社ローンの強さ


僕は、意外と健康オタクというか、体調が悪いのに突っ走って限界突破してガタがきて、色々と調べたり見直したりする、とちょっとそういう遍歴があるので今や予防医療ということに関しては、割と意識高めです。

ブログにも書いてきたとおり、鼻や喉の病気に悩まされてきたんですけれど、手術やら何かしら原因を追求して改善してきました。でも、今回は1年以上苦労しているのがあって、それがアレルギー性鼻炎だったり副鼻腔炎だったりの延長というか、根本というか、結局病院ではそういうふうに診断してくるけど、本人はずっと不調を訴えるような状態です。

僕はすでに治療途中で少しずつ改善されていっているのですが、これが恐ろしいことに肩こりだったり他の身体の部位の炎症などの不調も引き起こしていたりします。

デスクワークが多いから不調だと思ったら実は違う、とそういうことが人体には往々にして起こりうるので、これに関して需要がありそうなら、同士のために別途書いていきたいと思います。

提携ローンの強さ

さて、僕にはやりたいことがたくさんあります。時間を含めて言い訳したくないものの、少なくとも自分のカードやリソースという部類の中からやれることではないけど、やりたいことというわけです。

それが今回の自社ローンの類なのですが、提携ローンだったりというイメージでも構いませんが、ようは自社の案件で、普通の金融機関に持ち込んでもなし得ないような形の融資を行えるようなそういうものです。

とあるハウスメーカーの中古案件をお客さんから「この案件どう思う?」とそういう話があったのですが、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績