地域密着系の第二地銀の融資は渋いままです。


ここ最近、物件数が増えてきた気がします。

今までコロナで動きが鈍っていた人たちの多くが動き出してきたというのが感じられます。

金融機関による温度差

さて、相変わらずコロナ当初からの温度差が顕著です。

僕らはプロパーで日々審査をしているので、金融機関の方針に相当左右されてしまうのですが、融資の基準はどこも変わったように感じません。

でも、コロナによる制度融資が忙しいのもあって、もともと保証料無しの融資からさらに無金利になり、枠が増額されていったりということで、融資金額は大きくかわらずとも、手続きが二度手間、三度手間になっていっています。

この忙しさでプレコロナでの日常業務が捌けていないという理由がひとつあります。

そこまでは、まあ金融機関にとっても保証されてる一種のボーナスゲームと言えますが、第二地銀などの多くの取引先は第一地銀と比較するともともと資金繰りが楽ではない事業主(飲食店など)が多く、実際に倒産(廃業)しそうな融資先を抱えているところは非常にネガティブな空気が漂っています。

そりゃそうですが、もともとこういう不景気のときって
損切りを想定して新規の融資をストップしたり貸し渋る方向でシフトします。
みずほ純利益250億円下げ 前期、新型コロナで引当金

でも今回は金融緩和政策がぶっとんでるので、融資したいし、できるはずだけどする雰囲気じゃないということになっています。

第一地銀だったり信用組合はそういった取引先が比較的少ないので、忙しさをのぞけばこれまでとさほど変わらない融資がでているということです。

うーん、個人投資家にとって第二地銀や地域密着系の金融機関の利用は欠かせない選択だったので、属性の良い方によってはライバルが多からずも減るチャンスとも取れますね。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績