社員が法外な故意過失請求をされていました。/喜ばれることはいつもやりがいになる。


昨日は、会社でミーティングをしていたのですがその中で面白い話がありました(笑)。

TA○ERUの管理物件に住んでいるという社員がいて、退去請求でマットをしいていただけのフローリングに傷が入っているとかで5万円、クロスの黒ずみで1面5万円、さらに浴室に両面テープでものをはっていたら、それをはがそうとしたらタイルがはがれたら弁償できるのか、ということで2000円(笑)、の請求をされたという話がありました。

言いがかりで単価もすごいので、揉めていないのかなあと思っていたのですが、拒否していたら結局請求はその2000円だけしかこなかった、という話で、本来はノルマでもあるのか、何のために法外な金額をふっかけているのかわからない謎の話でした。

社内では、「ありえないよね!?」と笑いが起きていたものの、でも会社の命令かどうかはともかく、まったく指示していなくてもそういう意味のわからないことをやる人材がこのご時世には多いので、業務は誰でもわかりやすいようにしていきたいな、と私のむねのうちは密かに身が引き締まる思いでした。

喜ばれることはやりがいになる

不動産会社では、それっぽく役職をつけて一人 課長とか部長とかがよくあるのですが、うちの会社では相応のキャリアや実力なくして、役職はつけていないんですよね。
僕よりも社長っぽい(年上っぽい)、営業メンバーもいますが、それはそれ、これはこれということで・・・
でも、とあるメンバーが10月から昇格して、その人事発表もミーティングの中でしました。

本人は喜んでいました。僕の部下にあたるので、それは僕も嬉しいです。

役職なんてどうでもいいし、人によっては重いだけだと思いますが、組織においては、営業でもそうじゃない仕事でもそういう役職がつく人に共通点はあって、それはお客さんから満足してもらえることを喜びに感じるところがあるということです。

ソソグーの帆足は松岡修造みたいなやつだ、ということで自分で言っているようなやつですから、少なくとも形は違えど熱い気持ちを持ったお客さんも集まってきているので、仕事をしていく中では、どうしてもそういう人が活躍(だけでなく昇給も)しやすいようになっていってはいます。

まあ、どこの会社でもただのルーティンワークをするスタッフよりも価値を見出す仕事をしている人が有力者ではあると思います。

パートのおばちゃんというスタッフもいますので、暑苦しいものを全員に押し付けることはしないものの、喜ばれることにやりがいを感じるスタッフがいて、そんなスタッフが活躍し、出世し、本人も喜ぶということは、経営者にとってのやりがいだと感じています。

自分一人だったら、大きな夢も実現できないし、つまずいたらやめてしまうかもしれません。
でも、自分が描く未来を信じて頑張ろうとする人がいたら、やめることなんてできませんよね。

イチ営業マンとして、目の前のお客さんの喜びが最高!と言っているときから、いつの間にか「俺も元気もらってんな・・・(ふっ)」と昨夜しみじみと思っていました。

ところで、1年くらい前に入社したいと言われたのでメクラで一緒に頑張ろう!と迎えた人から、「小さい会社なんだからいきなり取締役になれないならやめます」と入社初日のおわりに言われて、なんか心が冷めたことを思い出しました。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績