3連チャンで売買決済をしてきました。増税前の影響。印紙と非課税業者


まったく意識してなかったんですが、やはり消費税増税前の影響は出ていますね。

うちの会社でもそうですが、課税業者だとこの1.2ヶ月で売る予定があるなら9月までに取引してほしい、と思うのが普通ですから、司法書士や銀行の審査部などにとってはそうとう今回の9末に案件が集中していたのではないかと思います。

印紙と非課税業者

ところで取引中の余談ですが、大手不動産会社で資産管理法人の売主に対して「非課税業者だから印紙はらなくていいですよ」と言っていたのですが、印紙と課税非課税は違うのでご注意くださいね。

商売でやっている会社な以上、印紙を貼る義務がありますのでね。発行者の責任となります。

3連チャンで売買決済

さて、増税の影響ではからずも本能的に9末に案件を入れ込んでしまい、珍しく自分の担当案件だけで3連チャンとなりました。小さい案件ばかりですが、愚直に向き合うスタンスもソソグーの価値ですから、大変ですけどやりがいはあります。

今回の案件は情報は出回っていましたが、何度も取引している売主さんで、ぶっちゃけいくらまで下げることが出来ますか?という相談をさせてもらい売主さん買主さんそれぞれにぶっちゃけ話し、金融機関にもぶっちゃけ話し、絵をかかせていただきました。

絵を書くというと悪い不動産屋のイメージもでなくもないですが、どういうシュミレーションと今後の運営をしていくのか絵をかける物件というのは、取り組みしやすいです。個人的には。

頭を使える案件じゃないと競合も増えるのであえて難しい分野にも取り組むというのもあります。

また、今回は同時に会社でも月末で数件の買取を行っています。

近い将来、面白い企画商品にしますので、ご期待ください。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社SOSOGooホールディングの代表、帆足太一です。 サラリーマン時代で23歳の時、不動産投資デビュー。その一年後起業し現在に至る。「不動産投資業界を健全なもの、安全なものにして投資を普及したい。日本を元気にしたい。でも、一生を費やしてしまうかもしれない。頑張ろう。」