4m未満の共有道路では基本的に2宅地とれない


今日は買取で少々右往左往していた案件について書きたいと思います。

敷地延長の物件で、大半は気にすることのないものがほとんどで、せいぜいまともな形の土地に比べると割安で買えるというものです。

そして、今回の物はこのようなタイプの敷地延長物件で、共有持分をそれぞれ持っている敷地延長通路の先に建物が建っているという物です。

※画像引用

この敷地延長部分の幅員(横幅)が

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績