知名度って評判次第で天と地の差があって怖いですね。


良くも悪くもですが、いくつかここ最近で耳にした話、恐ろしいです。

その1

前職にいたときからよく名前は聞いてたんですよ!帆足さんに似てるって言われて会いたかったんです!

そんなイケイケに売ってたんですか?

いや、横着という意味で言われていました!

ズバズバなんでも意見するとは言われてたけど、そんな横着なやつが営業トップになれるかよ、と心の中で叫ぶにとどめつつ、、、

よく社長が嫌で抜け出して、○○さんのところにいって愚痴ってたんですよ〜って俺そんな愚痴ってねーよw

・・・オホン。

これはまあ良くも悪くも名前を広めてくれた前職に感謝ですね。これで親近感を覚えて情報を持ち込んでくれるわけですから。

その2

カレー屋で、まあこれテレビに出たりしたせいもあるのか(数分、そしてたったの2回)、お客さんから「帆足くん元気~!?」と色々私の性格とか過去のこととか、べらべら喋っていたらしいんですが、

1度しかあったことないんですよね。

5年前くらいに保険会社主催の忘年会で近くにいたので、少し談笑したくらいの…そういう仲なのですが、10年来の友達ばりだったそうで、一瞬で超ローカルの私ですらこの感じということは、有名人とか芸能人たまらんやろうな、と切に思いました。

見られても困るようなことはしていないつもりですが、こうやって商売をしている以上、いつ人に見られているか分からないので変なこと出来ませんな

ブランド戦略について考える

厚顔無恥になるという選択もありますが、影て褒め称えられるような商売をするようにはげんでいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』