クワガタは年を越せるか!?


じ、実は…

密かにクワガタを飼っています。

ヒラタクワガタです。

少し前に住んでいた物件の近くで歩いていたところを捕獲して今に至ります。(笑)

6.7月くらいから飼っていてもう4ヶ月の付き合いになります。結構愛着が沸いてきます。

オオクワガタは基本的に3年くらいは生きるらしいですが、ヒラタクワガタもしばしば冬を越せるポテンシャルは持っているそうです。

田舎生まれの私は、子どもの頃たくさん捕獲して飼っていましたが、年を越した記憶はありません。

放置した記憶もなければ、長生きさせようとしたこともないのですけれど、いずれにして20年近く昔のことで記憶も曖昧です。

あの頃と違うこと

エサが良くなった可能性もあります。今使っているエサは「高タンパク、高カロリー」と書かれています(笑)。

あとは、飼育しているとたくさんのダニがクワガタやカブトムシに寄生してきます。大した影響はないそうですが、これもあまり好ましくないので、ダニを除去するようなものも少し土に混ぜています。

昔と変わったところといえばそんなところです。

数千円とはいえ、これが資本力。

冬眠準備

ところで、前提として寒くなるまで生きているので、冬眠できる環境を与えなければいけません。

これまた大人の悪いところです。送料も合わせると3000円くらいします。

冬眠セット。

これで暖かく眠れる環境を提供できそうです。

久しぶりにこんな工作みたいなことしましたが、コルクみたいなのに水をいれて混ぜるとこんなふうに木屑のベッドみたいなものが完成。

その上にかつお節みたいなふわふわマットをしいて完成!

居心地がよければいいが、来年も元気な姿がみれるといいな☆

冬眠中でも、たまに出てきて餌を食べるようなので、放置はできないんですけどね。

サボテン程度しかケアする時間しかないので、昆虫とはいえ生き物と過ごせるのは久しぶりに少年の心を思い出します。

ひとり暮らしでこれをやるとなんか寂しく聞こえそうなので、ぜひご家庭をお持ちの方は家族と楽しんでやってみてください(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』