不動産投資の心得。買い続けたいなら懐の深さを持つ。


今回は、規模拡大を狙うにあたっての小手先テクニックです。

1にも2にも情報を制すべし

特に不動産会社との良好な関係がなくても、それなりの物件は買っていくことができます。

情報を入手する主な経路

主に情報が入ってくるルートは、ウェブサイトと不動産会社からの提供です。

その他にも、金融機関や弁護士その他各種士業、直接売主を訪問する、などがありますが、大半の投資家はこういうことはしません。
そこまでいくと不動産屋の仕事をするということです。

よく、そんなに推奨するなら自社でなぜ買わないのかという問題提起をされ、買うと川上物件は自分の物にすると否定的なことをいわれます。

そういう不動産会社も多いですが、そういう仲介業務や販売業務が一つの仕事なので、自分で買っていたらキリがなく(そんなに買い続けるのは現実的に難しいのもある)、そのために仲介手数料を払ったり不動産会社などに利益を抜かれても、まともな投資案件が回ってくればそれはそれでいいのです。この話は不動産会社からも不動産を購入する私の本音です。

ウェブサイトからの情報

ところで、ウェブサイト(ポータルサイト)のおかげで今は、たくさんの物件がインターネットで入手できます。

不動産業者からの情報ではなく、自分でたくさんの物件を探して交渉することもできるので、この時点で時間を投入して交渉しまわれば、早い段階でそこそこの物件は入手できます。

もちろんここでも時間をかけず、うちのような売買仲介業務に慣れている会社に依頼して、代わりにしてもらえばそんなに手間もかかりません。

不動産会社からの情報

もう一つの大きな入手経路は、やはり不動産会社からになります。

懐の深さというのはここで出てくるわけですが、限られた時間の中で買い進めるためには購入ペースを意識しつつも不動産情報やファイナンスの情報が欠かせません。

この時に、不動産会社からいいお客さんすなわち、物件を優先的に紹介したい人になっておくのと、そうでないのには、大きな差があります。

ここで懐の深さが出てきますが、不動産の企画販売系は割と細かいのですが、仲介業務はスピード重視で初めてみる物件を即時に紹介していきます。したがって、わからないことも多かったり、イレギュラーも多いです。

そういうときに、懐深く接していくことができるかどうか、これにかかっています。
自分が店員だったとしてクレーマーとか極度な値下げを求める人って、もうこなくていいと思う人が大半だと思います。私のような自営業者や経営者だと、状況によっては、相手がクレーマーだとしても、お客さまのために真摯に向き合っていくことも少なくありません。でも、いち従業員である社員にそういうことをすると「仕事なくなっても自分は困らんし」となり、気持ちも情報も離れていきますね。

指摘することとクレーマーのような執拗なスタンスは違いますが、紹介してほしいと思っている限りは、いい塩梅でお付き合いしてください。

こういう記事を書いていると、利用された挙げ句どこかでお客さんに捨てられてしまうんじゃないかと思いますねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』