会社のこれからの成長ために課題を明確化。自分がまず変わってみる。 


最近は、習慣化することの効果を体感していて、数ヶ月続けてきたブログを書くという執筆行為が当たり前になりつつあって、日記なんか書いていることもあります。

変化には体力がいるんですけれど、この変化を組織に摘要して、当たり前にすることが今の課題です。

現時点での私の課題

組織の課題は、当事者意識だったり、理念共有だったり、目的意識だったり、一言で表しにくい漠然とした私がトップにいることで実現している社風というものが、一人ひとりに伝達していないと感じています。

漠然としているのでまとめると、私の課題は理念の共有で社員の課題は、**目標を行動に落とし込むスキル*取得を課題とします。

まったく出来ていないかと言うとそうでもなく、業務に向き合ったときのスタンスとか、ケース・バイ・ケースの行動指針そのものはできるようになってきているので、これがついに立ちふさがってきたわけです。
もともとわかってはいたんですけれど、ほとんどの社員が入れ替わり、ほとんどの業務の指示を私が出していくなかで、現場作業を忠実にやりきる優秀な事務処理スタッフが揃っていきました。

ただ、このままではパートふくめて20人からいるスタッフたちに指示を出す極少数と、それをまあ、ぼちぼち優秀にこなすスタッフというところで、出来ることに限りがあるルーティンの繰り返しは、なんだかワクワクしない環境です。

私自身が同じような毎日を過ごすほど辛いものはなく、自ら新しい課題を発見して権限を譲渡して改革していくメンバーになるかどうか、私も、幹部になるであろう社員も、今までと違う能力が求められていきます。もちろん適正だけでなく本人の考えもあるんですけれど、これを課題と捉えるにまでこれたのは、下から這い上がってきた私としては喜ばしいことです。

これらを課題とした時に、代表者である私は常々課題は潜在的に感じているし、一番の会社の古株なわけで改革に乗り出すのは当然ですが、それ以外の社員はどうしても環境に流されてしまうわけで、いずれにしてもこの少人数の状態で理念浸透させれないという無能さをさらけ出したままではいけないので、環境からなんとか変えようというそういう意思を書くいたブログ記事です。

短期スパンでかえたいところですが、習慣化には3ヶ月いるため私自身もぶれないようにすすめていかなければいけません。

社員の責任ではなく自分の責任である。

まあ、ごくごく普通の社員は、自ら勤勉に成長していく、というのは少数であって、このブログ記事に書いてあるようなことができなかったところで、それが普通です。

全員がそうではなく、一部の社員は成長意欲もあるし、全体的に社員の人柄もいいので、スキル面は比較しづらいのでなんとも言えませんけれど、中小レベルとしては恵まれていると思います。

ということは、この課題は、私の怠慢が招いた結果であって、責任の所在が自分であるということで、自分なりに実践、考えた上で、それを社員にも反映させていきます。

理念が浸透できて、社員のスキルがあがって、給与も増えて、顧客も喜んで、、、と考えると一人でワクワクしてます。

中々自分をかえることは大変ですけれど、うちはトップダウンの組織なので、改めて私が気合をいれていきます。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績