なんだかんだ言ってもコロナ禍で空室が増えがち






おはようございます、今日も恥をさらけ出して赤裸々な内容を書いていきます。

先日、当社で複数棟買っていただいている投資家より「過去最低の入居率で不安」ということで少し面談をしました。

誰しも投資をやっているとタイミングが悪く過去最低の入居率を更新してしまう機会はあるものの、この春でこれまで経験してきてない入れ替わりの多さで原状回復費用と広告料の支払いで収益が圧迫されてしまったこと、その状態で空室率が徐々に上がっていくのではないかと、万が一この状態が続いたら不安だということでした。

ソソグー不動産の管理物件では、コロナ禍ということもあって例年の退去数よりは少なかったのですが、この大家さんにとっては辛い時期だったわけです。

自社でも相当規模の運用をしているオーナー経営者である僕にとってはこの不安はわかります。

何気にもう12年ほど大家をやっているのですが、いまだに入居の決まりが遅いと不安にはなるし、これが規模拡大して大家歴も1、2年程度だとすると、万が一があったら終わってしまうというよくない妄想をしてしまうのはとても理解できます。

ところで、withコロナではやっぱり例年に比べると入居の動きがイマイチな部分は否めず、物件によって影響は変わります。

少しおさらいすると以下のブログ記事で入居の感覚を書いてきていました。

新コロナウィルスの影響で入居申込が減るエリアが出てきています

withコロナ時代からの学生向けアパートの今後

withコロナでもやはり賃貸は家賃で動くか・・・。

学生エリアでも割と入居が決まっているケースもあり、改めて今の状況としては

  • ここ数年で強気の家賃設定にしていた市内中心部以外の物件

ここ数年は外国人ニーズが増えていたので、強気だったが今は時間をかけても決まりにくいので条件を見直すことが必要。

  • 築古物件・郊外の物件

ニーズはあるが、どうしても不要不急の層が元々のニーズに合致するケースが多いので、時間がかかる。

一方で築浅や福岡市の中心部の物件などは、少し条件を見直せばサクサク決まっていて、立地の強さを感じざるを得ないという印象です。

でも利回りが低すぎて買える人はごく一部にはなります。

ということで、元々苦労していた物件はより苦労しているし、この数年のよかった物件が元通りになったような感覚があり、こういう市況ではあるものの積極的な条件の見直しで、入居に影響があるかを試していっているところです。

最後になりましたが、不動産は残債が減っていっても入居率が下がったり手出しが出ることでメンタルに影響します。

くれぐれも今の相場の中で拡大を目指す新興大家は、キャッシュフローは使わずに蓄えていくことに専念してください。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!





ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績