withコロナでもやはり賃貸は家賃で動くか・・・。


こんばんは、今日は金融機関と面談していたのですが、その中で相手の提案にはあまりのらず「慎重ですね・・・」と言われていたのですが、限られたリソース(マンパワー)で今の目標をやっていくためには、これは必然です。

全く人の言うことを聞かないのに近いレベルではっきりしておかないと、意外と人の話に乗るって時間がかかります。聞くだけでも時間がかかるのに、それを社員も含めて動こうものならどこかにストレス(しわ寄せ)がいくので、なかなかやれないんですよね。

家賃の設定を変更することの意味

さて、ボチボチと賃貸申し込みが増えてきています。

と言うのも、新興投資家にとって一番したくないことである家賃の値下げを行ったことによる影響が出てきた気がします。

自社である程度の運用をしているメリットといえばここなのですが、顧客が嫌がることもまず自分で試すことができます。

新コロナウィルス以降、今まで入居が決まっていた物件や大して変わらない物件もあったりで、これまで決まっていた条件なのにうんともすんともしないという物件もあります。

どういう物件かというと、やはり民泊や外国人ニーズなどがなくなってしまったエリアから、空室が増える=競合物件が増える→家賃を下げるという流れが起きていますし、転勤など法人ニーズが強かった商業エリアなんかもイマイチ動きが鈍いような感覚を覚えています。が、家賃を下げていると露骨に反応して申し込みが入っている物件も出てきています。

いつまで続くかわからないものの、家賃収入が数%下がったところで売却時の利回りを強く意識しない場合、満室経営は金融機関から見ても自身の精神的にも良いのですが、それもそのはずで会社の売り上げもそうですが、満室だったら100%の収入だけど今は80%というよりも、97%を継続する方が利益ももちろんですが経営者としての成績も良いということに他ならないためです。

コロナウィルスだから引越しがなくなったというとそうではなく、統計でも賃貸仲介会社の顧客数も回復傾向にあるので、賃料を下げるのは苦しいもののグッドニュースではないでしょうか。

このような状況であっても、やはり賃料次第でニーズは生まれるか・・・としみじみ感じています。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績