売買契約直後にキャンセル希望、贈与税


友人の死からふと今自分は幸せなのかと考えたときに、必ずしもそうではないと感じている自分がいます。

事業ではよく言われている撤退ラインであったり、日常的にビジネスでも己の中の判断基準なんかがあると思うのですが、やりすぎると麻痺していきます。

改めて投資をして自由に働こうという根本にあるポリシーを大事していきたいと思います。

売主からの突然のキャンセル

さて、今日は朝から売買契約直後の売主から連絡がありました。

売買契約が成立しているので、解約できるとはいえ少なからず違約金が発生することになります。まあ、よほど信頼関係ができている中なら別なのですが、三者間で契約を行っている場合は、売主・買主は一回こっきりの中ですから、契約の後に白紙撤回というのはなかなかうまくいきません。

元々「本当にその人買えると?」ということで、融資を通しての契約でキャンセルはなおさらしにくい状況です。

その理由が税金がらみだったのですが、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績