契約前と条件が違うのに交渉が難しいケース / 楽待相談室の売買契約後のレントロール記載ミス






先日、大家さんがお金持ちの家に生まれたがためにザルな状態の案件を買取したのですが、買ったのちに高いコストが垂れ流しの物件があって、それに契約後きづいたというものです。

仲介会社も「事前に売主には他にかかるコストがないか確認した上で出てこなかった」ということで、売主の責任だというのです。

ところが

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について





ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績