汚損の酷い事故部屋か、汚損のない事故部屋か②


さて、昨日からの続きです。

汚損の有無はどっちの方が良いのか

一般的に、倫理的にも汚損のない早期発見が好ましいのですが、状況によっては早期発見も残念なことは多々あります。

具体的なケースとしては、本人がただ単に故意過失や喫煙などで汚したものは火災保険特約の対象になりませんから、保証人などがいない場合は残地物の撤去まで大家がやらないといけません。

これは結構な負担となります。

一方で、汚損していて火災保険が適用できる場合はそういった残置物の撤去費用まで補えることがあります。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績