収益不動産でライバルが多い価格帯


ここ最近は、耳を疑うような自殺が多い気がします

友人の件もありますが、特に芸能人とか表に出てきている人の多くは感受性が豊な人で、そういうことからも表に出たりリーダーだったりするわけなのですが、鬱や何かしらの影響を受けやすい人とも言えると思います。

勿体ないというような人でも、さっきまで楽しく会話をしていた人であっても、何かをきっかけにそういう選択を取ってしまう可能性があると思うと、生き方というものを考えさせられます。

ライバルが多い価格帯

さて、落ち込んでいる中でも物件はなく、某金融機関担当者も融資案件が減っていて困っているということを今日も聞いてきました。

その中でも特にライバルが多い価格帯ですが、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績