売却相談時によく思う正直不動産は時に問題


こんばんは、迷走気味のソソグー代表の帆足です。

仕事のキモになる部分っていくつかあるんですが、これが分かってるのと分かっていないのでは成果・結果に雲泥の差が出ますが、これがまた誰でもわかるようなことなんですが、多くの人にはむしろわかりません。

経済の重要なことなど、結局コミュニケーションに長けている人が回して(決定している)わけですが、やはりキモになるのは向き合うことできる素養が全てなんでしょうか。

正直不動産は売主には悪になり得る

さて、今日は10年以上取引をしてもらっている不動産所有者と売却について打ち合わせをしていました。

不動産でも棲み分けや得意分野などがあるわけですが、ソソグー不動産は収益不動産に関しては専門です。

鉄筋コンクリートで、福岡近郊エリアで、築30年で、土地の広さがどれくらいで、間取りや家賃設定がどうで、

といったような内容があると、実際に売れるライン(価格や利回り)というのがわかります。

情報が発達してきた今、高齢者と呼ばれる人たちもインターネット上の情報を見るようになってきて、売れるラインよりも高値で売りに出ている物件というのがたくさんあります。

かなり情報に詳しい人だと、「売り出しが○円くらいで成約価格が△円くらいって感じですかね〜?よろしく」みたいな感じでシナリオを作ってこちらに渡す人もいるくらいなのですが、そういった事情を理解していない人も多く、売れるラインなんかをうっかり伝えてしまうとインターネットに掲載されている価格よりも低く見えるの「そんなに低く売るなら他と話す(怒)」となることがあるわけです。

インターネットがここまで普及する前からでもこういった売主さんに対して売れるはずもない価格を提示して、結局やすく口説くやり方が流行ってきていて、時代は変化すれど良かれと思って正直に予測を伝えるというのは、多くの売主さんにとっては悪になりえるというジレンマがあります。

これをやると僕の大事な何かを失うような・・・。

でも結果が一緒なら、これこそ売主の満足のためにやっているコミュニケーションのようなもので、正直にいうことなんてエゴにも思えます。

買う時は買主にとってはどう考えても正直不動産が良いんですけどね。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績