やると決まっている売買契約を急ぐべきとき。


今月は、、いや何と今月もコンサルティング部隊が特に忙しいです。
僕がカレーの雑誌に載っていたりするので、カレーが忙しいでしょ〜とイジられることがあるんですが、カレーは間借りのためにやっていて、ほそぼそとやっていますので、あくまでも本来の事業である収益不動産事業にコミットしています。

12月は契約を急ぐべき?

さて、今月忙しいというのにも一応理由があります。メンバーのスキルが向上してきていて成約する幅も広がったというのもありますが、今回のは時期的なものです。

大きく理由というのが2つあって、1つは年末から年始にかけて出費がかさむ、というのが世間一般のイメージだと思いますが、それが理由で一生懸命今月中に取引を終えて報酬にありつこうとする不動産会社があることです。

これは、年末ということで売上をあげて気持ちよく年越しするという方針の会社もあるので、不動産が動きやすい圧力がかかります。これは忙しい理由であって、急ぐべき理由ではありませんね。

次に2つめ、年末年始の長期休暇で家族などとの話などで、売主も買主も気が変わる人が少なくとも出てくるということです。

もちろん会社としても契約予定まですすでいる話が白紙になると、それまで費やした労力が水の泡になってしまうので避けたいんです。でも、それは不動産会社に限った話ではなく、売主・買主の一方でやっぱりやめるという気持ちになったとしたら、もう一方の当事者はたまったものではない、ということです。

そういう意味でも、色んな人と会ってなにか事情ができたり、心変わりする可能性もゼロではない以上、長期連休前で合意している話がある場合は、基本的に売買契約までしておくのがセオリーということになります。

焦って取引をするのではなく、クールに取引をする必要があるということですね。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績