不動産賃貸業も経営センスは必要


ちょうど、不動産業をやっていて私のお客さんでもある人から相談を受けた・・・いや、ダメ出しをしてしまった話です。

端的にかいつまむと

  • 現金があまりない

これは、使い込んでいるとかではありません。
理由があってある程度資金投入してしまっている物件があり、それがオーナーにとってそれなりにいい物件ということで手放したくないということなんですね。

規模拡大のためには、自己資金収益力はとても大事です。
レバレッジの話ですね。

レバレッジが聞いていない物件で、かつ売却により利益とキャッシュフロー(現金)が残るならば、それは売るべきと判断することもできます。

もちろんお金がじゃぶじゃぶあったり規模拡大をしない人は、その限りではありませんよ。

  • 決算書の数字がよろしくない

今回は法人で買い進めている方で、決算書をきれいにするのは大事です。

例えば、資本金100万円の会社で借入が2億とかあると、要は100万円の預金しかない人が2億の借金していることになります。

もちろん、内部留保といわれる利益余剰金であったり、固定資産などがあったとしても、所詮は固定資産で金融機関の現金に対するそれとは違います。

当然、現金を5000万円持っている人に3億貸すほうが、はるかに安心感があるというのはおわかりいただけるかと思います。

売上も高いほうがいいし、利益も多いほうがいい、現金だっておおいのがいいです。

人によっては、会社と個人がごちゃごちゃになっていて、会社から個人にお金を貸し付けていたりもします。

法人で不動産を買い進めるにあたっては、売却で利益などを出さない限り、個人からお金を貸し付ける、あるいは出資をしない限り、お金が足りなくなるので、個人から法人にお金を貸すのはまだありがちなないようです。

ただ、法人から個人に貸し付けるのは、絶対にダメです。
税務上の問題も出てきますが、金融機関の立場になったときに「個人でお金がないんだ」と思われても何もいえませんよね。

無意味に信頼を落とすような決算書にすることは避けたいところです。

提案を待つだけではダメ

今回は、具体的な相談からではなく売却する物件を検討する時にいただいていた決算書もみつつ話していて、ついつい指摘してしまった話です。

仮にコンサル費用を多少はらって、随時「提案をして」と頼んでいたとしても、依頼される立場の人はたくさんの仕事の一つでしかないので、やはり自分で頻繁に相談をすることが大切です。

だいたいこのパターン「税理士の任せてた」と言われますが、税理士の決算業務は、基本的にただの税金の計算とか相談で、お金を貯めるも払うも、会社を成長させるのも衰退させるのも経営サイドの問題です。

不動産投資家にとっては、自分がプロに経営者になるというと相応の努力が必要ですが、プロの力を借りるための動きくらいは、簡単にできます。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績