最近の不動産への融資事情

最近、物件価格が高止まりしていて、情報も流通しているように感じます。

最近、一時期のように「その物件にかして大丈夫かいぃ!」っていう融資が通っていないようですね。

そういった物件は割高すぎて扱わないのですが、職業柄銀行関係の方とよく接するのでよくそういう話を耳にします。なので無茶な価格で売ろうとしている売主や業者が売れずに色んなところに情報を公開している状況になっています。

とはいえ、物件価格が下がってきたかというとそうでもなく、横ばいが続いているイメージです。

融資が厳しく売主も高く売れると信じて価格が下がらないという状況で、少なくとも個人投資家に対する物件の売買数は減っているような感覚があります。営業マンを多く抱えている会社はきついのではないでしょうか。

良くも悪くもうちは営業が少ないので、そんなにぶれない・・・。

価格の変動

価格の変動は読めませんが、不動産の融資を急に締めてもバブル崩壊と同じ状況になりうるので、それはないのではないかと考えています。

融資が厳しいというより、今までイケイケの金融機関が厳しくなっていたり割高で将来的にリスキーな物件への融資が厳しいというイメージで、金融機関からの援助が受けれる方に関しては無難なラインで指値をしていけば、他人が購入できない環境で一歩リードできる可能性もあります。

自分にとってベターな選択をとっていきましょう。


投資をして自由に働こう

私は不動産投資コンサルティング、不動産賃貸管理の会社を経営しています。

当社のクライアントで不動産投資をおこなって脱サラし、自由に生きている方はたくさんいますし、不動産投資を安定収入にしながら別事業で起業した方も多数います。

もともと自営業者・経営者のかたもいます。

当社は起業してまだ数年にもかかわらず管理戸数は1000戸以上の実績があり、築古物件が多い中でも入居率は90%を下回ったことがありません。

これから始めたい方はもちろん、空室などで失敗してしまったんじゃないかとお悩みの方も、まずはご相談下さい。

お問合せはこちら


»当社と一緒に働きませんか?
»帆足個人のFacebook、友達・フォロー歓迎です。
»お問合せ、ご相談はこちら
»物件情報メルマガご希望の方はこちら