【不動産投資】倉庫への投資と良し悪しの振り返り


倉庫の情報が以外にも回ってくるので、今感じていることを書いておこうと思います。

今、私が運用している倉庫投資のタイプは、小規模の車屋さんとかに向いているタイプの1棟倉庫と、コンテナタイプのレンタル倉庫の2種類になります。

【不動産投資】倉庫の投資はどうなのか。一棟タイプの倉庫を買取しました。

大きくわけてると倉庫タイプの投資はこの2つに分類されると思いますが、倉庫は一度入れば長いしコストが運営や維持・修繕費が低いのが魅力です。

倉庫投資の振り返り

レンタル倉庫は、この半年で1部屋退去が出ただけで、1棟タイプはそのままですね。

退去が出たあとも賃料を欲張らず入居が決まりましたが、本当にコストがかかりません。
倉庫の中を少し小奇麗にするくらいじゃないでしょうか。

マジ最高といいますか、これは癖になりそうで、融資が長期で組めるならば普及したいものです。
ミニマリストが増えていっているし、住宅の供給も狭いものが増えているので、ニーズ自体はあります。

この倉庫投資のそれぞれの分類の良し悪しを大まかにジャッジ

  • 運営に関する労力がかかるかどうか

 1棟倉庫<コンテナ倉庫

  • 賃貸期間中のコスト

 1棟倉庫<コンテナ倉庫

  • リスク

 1棟倉庫>コンテナ倉庫

  • 契約期間

 1棟倉庫>コンテナ倉庫

倉庫だけの比較で考えると一見1棟タイプの倉庫が良さそうに見えますが、どの比較項目も倉庫投資全体の魅力で、よりどちらが優れているポイントかというだけにすぎません。

リスクヘッジは大切なので、コンテナ倉庫が戸数も増やしやすく断然安定しますね。リスクヘッジできるしバランスがいいです。

1棟タイプのものも数を揃えれば同じですが、相当大きいものになると10億以上の倉庫など桁がいくつかずれてきますので、万が一の退去を考えるとよほど資金力のある人しか1棟倉庫は危険かもしれませんね。小さい1棟タイプのものもありますので規模次第ですけれど。

1戸あたりの規模が大きくなると当然リスクも上がり、借りる層が限られてきますが、大きい規模の倉庫は基本的にBtoBで貸し、10年間の定期借家など相手が倒産しない限りは長期で家賃が固定で入り続ける可能性があります。

多くの人は入れ替わりのコストや空室によりMAXから20〜35%を維持費として引くことが多いですが、この倉庫の場合、そういった費用がほとんど発生しないという最大のメリットがありますので、融資が出るならばチャレンジしてみるのもいいと思います。

分割できないような規模が大きい倉庫に対する注意点は、退去したときに自分の収入もしくは預金から返済ができるかどうかですね。

倉庫を取得するときのポイント

  • 収支があうかどうか

  • 土地値程度であるかどうか

  • 分散という形でリスクヘッジがきいているかどうか

この3つのどれかがおさえるべきポイントです。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績