【配当金・優待生活】利回り3.51%「5万円以内で購入出来る蔦屋書店のトップカルチャー」


さて、年始早々連日株価も下がり気味で体力が続く限り押し目買いをぼちぼち進めています。

今回は、「蔦屋書店」の株です。

よくショッピングモールとかに入っている本屋さんですね。

トップカルチャー

長くなりますが、会社概要です。

興味無い方は飛ばして下さい。

トップカルチャーグループは、同社及び子会社2社(トップブックス、グランセナフットボールクラブ)の計3社で構成されて、蔦屋書店事業を主な事業の内容とする。蔦屋書店事業において、同社は、書籍、文具、コンパクトディスク(CD)・デジタル多用途ディスク(DVD)等の販売及びCD・DVD等のレンタルを主な事業内容とし、各事業に関連するその他のサービス等を含め、日常生活に密着したエンターテイメントの提供を行う大型複合店舗を「蔦屋書店」を中心として展開。その他事業において、トップブックスは、中古書籍・CD・DVD・ゲーム等の売買を主な事業内容とし、「古本市場トップブックス」の店舗展開を行う。グランセナフットボールクラブは、サッカークラブ及びサッカースクールの運営並びにスポーツ施設の企画・経営等を事業内容とし、アマチュアリーグに所属する「グランセナ新潟フットボールクラブ」及び「グランセナサッカースクール」、「グランセナ新潟サッカースタジアム」の運営等等を行う。トップカルチャーグループは、同社及び子会社2社(トップブックス、グランセナフットボールクラブ)の計3社で構成されて、蔦屋書店事業を主な事業の内容とする。蔦屋書店事業において、同社は、書籍、文具、コンパクトディスク(CD)・デジタル多用途ディスク(DVD)等の販売及びCD・DVD等のレンタルを主な事業内容とし、各事業に関連するその他のサービス等を含め、日常生活に密着したエンターテイメントの提供を行う大型複合店舗を「蔦屋書店」を中心として展開。その他事業において、トップブックスは、中古書籍・CD・DVD・ゲーム等の売買を主な事業内容とし、「古本市場トップブックス」の店舗展開を行う。グランセナフットボールクラブは、サッカークラブ及びサッカースクールの運営並びにスポーツ施設の企画・経営等を事業内容とし、アマチュアリーグに所属する「グランセナ新潟フットボールクラブ」及び「グランセナサッカースクール」、「グランセナ新潟サッカースタジアム」の運営等等を行う。

株価

483円

※2016年1月7日現在。  

最小購入価格(単位)

48,300円(100株)

配当利回り

配当金は15円。

3.105%

優待とその利回り

  • 優待

500株購入することで、優待権利を獲ることが出来ます。これで本等も買えますよ。

500株保有の場合の優待ですが、TSUTAYAで使えるギフトカードが年1回、1,000円分届きます。

  • 優待利回り→0.414%

1年以内保有の場合には、貰えるギフトガードが1,500円分になりますので、株価が下がっているタイミングで長期的に保有しておくことをオススメします。

権利確定日

10月末

業績は横ばい気味ですが、提携などやりながら地道に増益しているようです。

ネット書籍が流行るなかこういった既存の本屋には上手く立ちまわってほしいですね。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績