プレ監査 / ショートレビュー


こんばんは。今日は先日参加したレセプションで個人所有している不動産を売りたいと相談されたので、とある会社の社長を訪問してきました。ところが、いざ行ってみると相当なお金持ちで「高く売れるなら売ってくれ。自分では買わん価格だけど。ガッハッハ」みたいな感じで、どこにでもいるエグい不動産会社の社長みたいで少し残念な気持ちになりました。

プレ監査(ショートレビュー)

さて、

昨日今日で監査法人に、ショートレビューという上場しても問題ない企業体制に対して、どれだけ足りていないかなど会計面も含めてチェックをしてもらいました。

これには、事前に会社側で資料提出などをしたうえで今回望んだわけですが、その準備の時点でほとんどの中小企業の大半はとてもじゃないけどやっているわけがないと呼べるレベルの書類が多くて面食らっていました。

でも、組織として一定規模以上の集団が同じベクトルで動いていくためには必要なものが多く、どういった結果になろうとこの時点で得るものはありました。

他がどういう内容かはわからないんですが、このショートレビューといわれるものでおよそ50〜100万円程度からやってもらえるようです。「から」というのは、会社の規模や数によって変わるためですが、決して安いお金ではないので僕の本気が伺えると思います。

今回のフィードバックはまた今度ですが、うちの社員と接したり事業モデルなど総合的に「いい会社を作られていますね。」と言ってもらい、少しほっこりしました。

それと上場基準の会社の体制・体質はまったく別物なので、どれだけ厳しいフィードバックを受けるのか、ドキドキしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』