ゴミ処理センターと化しているアパートにカメラつけてきました。


昨日、インターネット経由でどこでも確認できるウェブカメラの設置に関するブログ記事を書きました。

自社でウェブカメラを設置する仕組みが構築できました。

不動産投資家予備軍からするととてもネガティブな内容ではありましたが、ほとんどこのケースにあたることはありません(泣)。

規模が小さいのにここまでの物件は私の感覚で100棟に1棟くらいの確率です。

早速ですが、写真をのせましょう。

このゴミ、これ何回やっても集まるし、写真を探し出すのが手間なので今回は載せていませんが、生活保護者で空き缶集めしている人も住んでいるんですよ。

ともったら前に書いてるじゃねーか!

空き缶拾い中毒者が住むアパートのリスク

結局、このあとケースワーカーに空き缶(ようは副業)を指摘しても決定的な動き(生活保護打ち切りなど)はしてくれず、ただ何度も指定はしてくれたそうで空き缶の山が建物共用部に積み重ねられることはなくなったと聞いていたので、ゴミ屋敷は卒業しているものと思っていたんですよ。

本当にこの入居者がもう辞めているかは定かではないものの、少なくともなぜかこの周りにもたくさん似たようなアパートがあるなかでこの物件だけがこういう状態になっています。

ぬ〜、許せん!

管理会社と不動産経営の専門家としてなんとしてもこの物件を最適化したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』