ザルな不動産業者がいて買主が得したけれど。


不動産取引って高額な金額を扱うので、小額がザルになりがちです。

昨日も細かい部分の話をしてしまったので、このままでは帆足は重箱の隅をつつくような存在になりそうな気がします。ただ、細かいとかは抜きに依頼いただいたお客さんのために尽くすのは、人道的には守りたいところです。

ところで、今日の話は不動産取引で先方の会社が売買決済の計算書をなぜか大幅におかしな数字で出してきたという話です。

不動産売買決済

不動産の売買って、売買代金だけではなく、固定資産税・都市計画税、敷金などの預り金、インターネット費用の支払いもあれば、収益物件の場合、家賃の日割り精算なども行います。

お互いその金額で決済するので、あとで「やっぱり違った!」と損したから返して、といわれても、一度相手に渡ったお金はそう思い通りにならないのが世の常です。

こちらは売主さんの話をしていなかったので、買主さんもそのままにしといてくれ、ということでこのような形に至ったわけです。

その金額が10万円くらいあったので、仲介手数料も満額正規に支払ってこうなるのは残念なだな、と思うわけです。

訴訟なんかで、あることないこと言ってくる弁護士をみると辟易するとともに良心の呵責はないのか、と常々思っていますが、今回のように相手がミスしてたところをわざわざ指摘すると逆に「あんたどっちの仲介人なんだ」ということになり、それは私も思うところですので、自分から嘘ついてでも金をかすめ取るのか、棚ぼたの話は別ということでやっています。

話が脱線しがちですが、安かろう悪かろうでもいけませんし、でも付加価値のない仕事に高い金額を支払う理由もないとも思います。

テクノロジーで一部はこういうことも減っていくと思います。でもやっぱり不動産には高齢者のオーナーが多く、たくさんの小さい不動産会社が取り扱う機会がたくさんあって、自分でしっかりチェックするか、安心できる先に任せるか、は決めておいたほうがいいと思います。

まあ、なんだかんだ何も知らず人生を楽しめるのが一番ですね。

株式会社ソソグーコンサルティング

»事業方針に共感していただけるメンバー募集中!
»帆足個人のFacebook、友達・フォロー歓迎です。
»お問合せ、ご相談はこちら
»物件情報メルマガご希望の方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社SOSOGooホールディングの代表者 「写真に写っているペンション買いました!笑(冗談です)。ペンション経営もいいですよね。田舎で都会に疲れた癒やしを提供する…どうでしょうか?」 サラリーマン時代で23歳の時、不動産投資デビュー。その一年後起業し現在に至る。