こぶり駐車場案件の売買決済が完了しました。


先日から進めていたこの案件、無事に決済完了しました。

小規模からスタートして、大きいものにスイッチしてもらえると嬉しいな、なんて手前勝手な想いもあって、いい感じの利回りで薄利で売却したのですが、買主さんの話を聞いてみると「現金で小さい駐車場だけを買っている」という、めずらしいタイプの投資家さんでした!

他の人が参入してきにくいこの駐車場不動産で、多少利回り低くても手がかからないので、ニーズさえあればこの駐車場ほど見込みどおりにいきやすい不動産投資というのも数少ないともいえます。

遠隔からの投資が基本で、ニーズだけそれなりに判断して買い進めている様子。

うーん、確かに・・・
遠隔で業者が信用できるかどうかのリスクや建物の瑕疵や工事代金をぼったくられないかどうか、など、気にしないことがたくさんある中で、駐車場は「需要と管理会社の家賃の持ち逃げ」リスクくらいしかないといえる。

融資が使いづらいのは難点ですが、ある程度現金を持っていれば、担保によってあとあと資金調達するのも無理ではない話です。

デメリットは更地の駐車場は、固定資産税も上がってしまうし減価償却も基本的にはとれないので、ある程度の収入がある方の場合は、これまた福利効果が得にくいという話にはなります。
毎年キャッシュフローが残るということは、その分投資に回せるのでそういう点では一定の規模は必要ですよね。

規模ばかりを追い求めるメガ・ギガ大家なんてのは、金利が上がった時に詰む可能性が高いので、決して規模だけに目がいってはいけません。ちゃんとストレスに耐えれる環境、出口が見えないような条件で購入していないかどうかなど、やはりちゃんと考えるべきなのです。

もっとも、メガ大家を推奨することもなければ、否定する気もないのであしからず。
大は小を兼ねることは多いし、必要十分に収益をあげるにあたってメガ希望以上必要であれば全力でサポートします。

話しはそれてしまいましたが、収益不動産投資の答えは一つではなく、だからこそ頑張れば開拓していける余地はたくさん残されている、ということを感じた取引でした。

株式会社ソソグーコンサルティング

»事業方針に共感していただけるメンバー募集中!
»帆足個人のFacebook、友達・フォロー歓迎です。
»お問合せ、ご相談はこちら
»物件情報メルマガご希望の方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社SOSOGooホールディングの代表、帆足太一です。 サラリーマン時代で23歳の時、不動産投資デビュー。その一年後起業し現在に至る。「不動産投資業界を健全なもの、安全なものにして投資を普及したい。日本を元気にしたい。でも、一生を費やしてしまうかもしれない。頑張ろう。」