4月以降で金融機関のスタンスは変わったのか






金融機関にとっては、リスクをおう必要のない保証付のコロナセーフティ融資で前期までは賑わっていて、よほど枠が増額されない限りはほとんどの事業者はコロナセーフティ融資の利用枠はなくなりました。

というのも、制度で定められた上限額まで借りれるかというとそうではなく、上限額は各々の売り上げ(年商)によって決まってくるので、よほど大きい規模の事業者以外は追加融資枠といっても、もう利用できないのです。

したがって、協力金でウハウハになる個人経営店が多い反面、売り上げを誤魔化していた(脱税)ような事業主に関しては、売り上げが少なすぎて、この融資を利用できず苦しんでいたという側面もあります。

ところで、そういう融資で忙しかったり、お腹いっぱい気味だった金融機関は、4月になって融資先を探していくであろうことを予想していましたが、実際はどうだったのか。

結果として、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について





ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績