うーん、大和ハウスとレオパレス21の事件の影響は違います。


大和ハウスの物件を取り扱うことになって、契約直前に事件が生じました。

ビクビクしていたのですが、規模の違いからか、レオパレス21のように入り口でブロックはされませんでした。

レオパレス21は、持ち込んだ当日に大半の金融機関が「問題がなくても無理!」だと言ってきたものです。

大和ハウスの物件は、「問題ないかと思います。はい。」です。

これが規模ともともとのブランドなのだろうか。

建物そのものには罪はないのですが、大和ハウスの物件はなんとか乗り切れそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』