金融機関の4月からの方針 / 自粛による体力勝負はやるべきか






金融機関の4月からの方針

こんにちは。金融機関の担当者とも日々話していますが、4月に入っても融資スタンスを特段変更にしているところは出てきていません。

これは良かったというか、ここで融資を控えるとなるとダメ押しレベルに経済崩壊が加速しそうですが、一つ共通して言えるのはコロナセーフティ融資への対応でとても忙しいということで、融資を受けるには時間がかかるし、この状況ですから折衝もしにくいです。

金融機関も営利活動をとめると苦境に立ってしまいますが、その存在意義というか立場上、安易に動きをとめるわけにもいかないでしょう。

ウィルスでの経済が停止していく状況等のは非常にやっかいです。いまだかつてない世界がどういう風になるのか、気になりますね。

あの金融機関の方針

ところで、オリックス銀行では

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績