カレー事業をして改めて思うスタートのタイミングとコツ


今回は、飲食事業(カレー)をはじめて一ヶ月以上がたったので、簡単に状況を書きたいと思います。

週に2,3日の営業で1,2週間くらいオープンできないインフルエンザトラブルがあったので、このブログ記事が公開されている時点で、実質15~20日くらいは営業したことになります。

のらりくらりなら、やっていけるのではないかという手応えが徐々にあるので、感想とともに書いていきます。

スタートのタイミング

少なくとも福岡ではカレーブームが到来していて、割とカレー業界をみているとお店が急激に増えていっています。

美味しいカレー屋さんは、もう少し早く開業して名を広めていれば、よりコアなファンも獲得できて、今安定した顧客を見込める状況にあります。言ってしまえば、そんなに美味しくなくても営業できているお店も多いと思います。

流行は作るよりも断然、乗るほうが正しい。

私がこのカレー事業のスタートがこのブームに乗り遅れたのかというと、味と広告次第ではそんなことなく、まだまだ新しいカレー屋さんというだけでもお客さんはきてくれます。
うちが最たる例で、最近はソールドアウトになって営業終了することもあります。

というのも、私がほぼ入れないので、お店は一人で回しているんですよね。
動ける時間を考えると、せいぜい10〜20人前しか作っていないのと皿の数などの問題で、1〜2回転レベルでしか提供できません。

そういう特殊な形でやっているので、自分で働けば働いた分のお金になりますが、経営者として会社は儲かっていないと言えます(笑)。

まあ、そういうことで、まだまだブームの渦中にある業界でお店を始めることそのものが、ビジネスとして相当に成功率を上げることに繋がります。流行る前の業態など流行を作っていくのはとてもパワーがいるので、大抵の人が失敗しています。

スカスカのカレー屋さんが増えてきたら、危険信号ですね。そうなると人気店以外は、撤退するのが吉。
なお、私は流行りに乗ったわけではなく、小学生のときに好きなものとして「カレー」と書いていたほどカレーが好きでしたので、間借りビジネスの普及とシナジー狙って開業した次第です。趣味と仕事がマッチするのが苦じゃないので理想です。

書き方はきついですが、トレンドを作るよりも、乗るほうがコストもかからず成長速度は遥かに早いということで、正しいとかきました。

端折りながらも、1000文字に到達してしまったので、つづく。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績