新築の家賃設定はどこまで下がるのか。当社企画の家賃設定推移(2019年度)


多くのデベの新築の家賃設定がイケイケになりすぎているので、私が企画してきた新築企画物件のその後をまとめてみました。
うちだけでなく少数派ですが、許容範囲内の設定の会社ももちろんありますよ。

数が少ないので参考になるかはケース・バイ・ケースですが、私の新築企画のその後の家賃設定推移です。具体的には10棟くらいです。

100%超えってなあに?と思った人もいると思います。これは、家賃設定を無難にしつつ、新築プレミアムがあるので、いざ募集する時にもうちょっと高く募集しましょうよ、と提案してやりつつこういう数字になってしまいました。

最近は基本的に100%もしくはそれより若干高めのスタートで、穴場狙いの物件で地価が上がっていたりして家賃も上昇したことなどもあって、高く募集したまま下がっていない物件もあります。入居者からすると、家賃を高くするなんて気持ちの良くない話かもしれませんが、景気が良くなっていくためには色んな事情があるのです。

自分自身でも売るときも運営もストレス無くやるのが一番だからこそ無難な設定しているのに、結果的に自分で追い込むあたり中々キテるな、と思います。

中古などの再生物件の家賃推移

データが多いので全然算出出来ていませんが、平均して100%維持しているはずで、物件によっては早期に満室にするためにポテンシャルよりも低い賃料で満室にしているものもあります。そういうものは当然、年月が経つに連れ築古にも関わらず家賃は100%を超えて上昇しています。

昔からの入居者で家賃が高い人がいたりして、その人のあとは賃料が下がることが多いので、そういうのも入れていくと計算がしにくいのですが、どこかで算出してみたいなとは思っています。余談ですが、古い入居者=賃料が高いというイメージがありますが、40年前くらいからずっと住んでいる方なんかは、紙幣価値の相場が違うことで、今より安い方もいたりしますね。

お陰さまで、既存投資家や投資を考えている方からお問い合わせいただくことが増えてきたんですが、それに対応するスタッフが足りなくなってしまったのもあって、とっても不本意ながらブログなどのブランディングや広報的な活動を減らし、実務よりの業務にシフトするかもしれません。

人は増えているんですが、ジワジワ…とどの部署も伸びていて人が足りないので、そろそろ求人に資金投入していくときかなぁなんて考えています。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績