金利も横並びでみる金融機関


少し前に某金融機関で地場の第一地銀と取引していないければ「何か問題があるのではないか」と邪推されてしまうという記事を書きました。

悲しき宿命とでも言いましょうか、拡大戦略を取る投資家でどうしてもネックになりがちな現実的な金利の話です。

金利を交渉するということは、金融機関からすると儲からない客だぞ!と言っているようなもので、自身の身の丈にあった話をする必要があります。

逆の見方をすると、金利交渉しないというのは良心的な顧客だと思われる可能性が高く少なくともやりやすいと思ってもらえるということにもなります。

一世を風靡し、今ややり散らかして倒産となった姫路の不動産も金利交渉はしたことがないということを豪語していた人でもあります。

正直なところ、金利は下がった方が良いし100億円で金利が0.5%下がればなんと年間で5000万円も差が出ますからこれは見過ごせないところですが、拡大をどこまで続けるかによってはずっと交渉しないまま突っ走っていたんでしょうが、倒産理由はこれが原因ではないと思います。

ところで、金利も横並びで見る金融機関ということで、我々のようないわゆるプロであっても当たり前のように「〇〇信用金庫さんが金利○%なので、私どもも○%くらいになろうかと思います」と言ったことを言われてしまいます。この金利が今より業績が低い5年前の借入利率だったとしても、地銀などで低金利で調達していたとしても。

したがって、拡大をしていくからにはわがままを言えないのですが、残念ながら金利を高くしてきた金融機関のおかげで、そこを基準としてみられる悲しき宿命が僕らには付き纏ってしまいます。

その中でもケチがつかない程度に金利交渉は行ってはいます。僕らがサービスを提供する投資家のサポートとしても。

まあ、個人的にはいくところまでいって借り換えをチラつかせて、金利交渉を行うのが良いと思っていまして、現状も会社として多少は交渉していたり地銀で安く金利を抑えることもできるものの、戦略的に金利の高い金融機関と付き合っていたりもしています。

不動産の売買&管理会社にも同じ作戦が取れなくもないのですが、ちゃんと区別させていただいておりますので、どうぞソソグー不動産と末長いお取引をお願いします。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績