再生案件の内装がひといきついたので、福岡のちょい田舎の物件にプチホームステージングしてきました。


はい、社長みずからやってますよ。(胸をはれることではありませんが泣)
ホームステージング。

新しい試みのひとつでもあるので、とりあえず形に落とし込むまでは、なんでもやっていきます。

しかしあちぃ・・・。

築古再生物件で、最低限こだわって内装をしあげてから初めてみてきましたが、綺麗になってからこそわかる物足りなさ

まずね、あちぃのでエアコンつけてあげようと思いましたよね。

ファミリータイプの物件では入居者が自分で設置する物件も少なくないので、今回も家賃安いしつけないでおこうと思いましたが、大家業はサービス業ですからね。

そういうことで、ファミリータイプで家賃3万台の上にエアコンはきついですが、サービスで一台つけることにしました。

他にもちょこちょこ気になる点がでてきたので、当初予定していなかったプラスαもやっていきます。

やっぱり不動産の再生って予算おおめに見ておかないと大体オーバーします。

プチホームステージング設置後の仕上がり

こういうモデルつくとある意味築古で映えるのは和室ですよね。

キッチンまわりは設備が絡むので、よく見せるのがむずかしめです。

洋室はやりやすい、うん。

ほんと自分の会社で自分でやるといかんなと思うのは、予算決めててもついつい「もうちょっとやったほうがベターでしょ」という、そりゃまぁやりだしたらキリのない欲が生まれることです。

今回も、仕上がりは十分満足してるんですが、妥協しない心が生まれるところだったのであぶないあぶない。

気づきととるかよくと取るか…ここはよしあしなので、うまくコントロールすべし。

»当社と一緒に働きませんか?
»帆足個人のFacebook、友達・フォロー歓迎です。
»お問合せ、ご相談はこちら
»物件情報メルマガご希望の方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。