物件高騰中の今、不動産を買っても良いか。


物件高騰中の今、不動産を買っても良いか。

この業界にいたらよくある質問です。

高騰しきる前の、割と良いタイミングで購入したクライアントに多いです。

現状、私の回答としてはイエスです。

オリンピックが終わったからといって価格が大幅に下がるとも思えません。もちろん多少なり影響はあると思いますが、不動産価格は金融機関の融資の緩さ加減に大きく左右されます。

要はよほどの事が無い限り貸し渋る理由がないということです。金を貸してほしいと思っているベンチャー企業などはお金は今も借りないし、大手企業も内部留保の有効な使い道には困っていて資金需要もなかったりするわけです。

となると貸し渋ることに経済を向上させるような意味も無く、この状態で金利をあげることは経済を停滞させることになりますよね。

まぁ何が起こるか分からないですから、変化に対応できるようにしておくのが1番ですね。

買っても良いと言うことに補足しておくと、相場以下で購入すると言うことは念頭に置いておいてください。

不動産は「物」ですから安く買うか高くかうかで相当に左右されます。


投資をして自由に働こう

私は福岡を中心に不動産投資コンサルティング、不動産賃貸管理の会社を経営しています。

当社のクライアントで不動産投資をおこなって脱サラし、自由に生きている方はたくさんいますし、不動産投資を安定収入にしながら別事業で起業した方も多数います。

もともと自営業者・経営者のかたもいます。

当社は起業してまだ数年にもかかわらず管理戸数は1000戸以上の実績があり、築古物件が多い中でも入居率は90%を下回ったことがありません。

これから始めたい方はもちろん、空室などで失敗してしまったんじゃないかとお悩みの方も、まずはご相談下さい。

お問合せはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』