なぜ不動産投資で築古不動産がいいのか。


ちょうど金融機関へ取りまとめて提出する機会があったので、こちらにも資料を貼り付けておこうと思います。

築古収益不動産事業構想

デメリットももちろんあるんですが、なぜやるのか、なにがいいのか。

新築はセミナーとかで売り込む会社も多いですが、築古不動産はないですからね。

なぜならば・・・新築にくらべて提携業務にしずらく、それは結果的に儲からない(儲かりにくい)からだ。

私たちのような紳士で変態で、正義感の強い不動産会社が取組んでいくしかないでしょう。

株式会社ソソグーコンサルティング

»事業方針に共感していただけるメンバー募集中!
»帆足個人のFacebook、友達・フォロー歓迎です。
»お問合せ、ご相談はこちら
»物件情報メルマガご希望の方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社SOSOGooホールディングの代表、帆足太一です。 サラリーマン時代で23歳の時、不動産投資デビュー。その一年後起業し現在に至る。「不動産投資業界を健全なもの、安全なものにして投資を普及したい。日本を元気にしたい。でも、一生を費やしてしまうかもしれない。頑張ろう。」