スマートデイズ問題でスルガ銀行まで…そして不動産と金融業界全体に影響が普及しそうだ


うーん、、、管理会社がどこかの差がでかい。
また失敗から学びそうだ。

スマートデイズ問題が不動産投資業界全体へ影響する

必然としてこういう流れになるのだと予想はしていたが、不動産と金融業界にとっては実にネガティブなニュースだ。

スマートデイズは詐欺商法でドロン、攻めるところのない被害者たちはスルガ銀行を目の敵するのはわかる。
しかし、スルガ銀行が黙認(もしくは指示)してきたことは、そこまでの度合いでなくともこういった行為は旧来から業界全体に昔から根強くのこっていることであり、数字をガンガン追う金融マンが多かったスルガ銀行だけが吊るし上げられた形となってしまった。

根本的に悪いのは、詐欺のような価格と非現実的なプランで販売する業者と、それを信じた本人だ。もちろん、金融機関として数字だけをおって非現実的な計画に融資したスルガ銀行もよくないが、これまでもスルガ銀行はうまく収益性を確保できる物件に融資してきた歴史がある中で、こういった形になったのは私個人としては非常に遺憾だ・・・。
※ちなみにうちの会社でスルガ銀行にもちこんだことは、ほぼない。

ここまでの事件になったことで、スルガ銀行をのぞく他の金融機関たちは、同じことをしていないにしても戦々恐々と、内部監査や審査基準を厳しく数字におわれる金融マンとしても最悪だ。

無論、私(当社)をふくめた不動産会社もこの事件のおかげで全国的にマーケットが冷え込むのはよくない。
なんせ金融ショックということでもなくただ単に詐欺師のせいでルールが厳しくなり、みんな慎重になることでただでさえ柔軟性のない金融業界がもっとやりにくいことになるということが考えられる。

そろそろ、関東から全国的に中間省略(三為契約)などをやっていたスルガスキーム業者が苦しんでいる頃ではないだろうか・・・。そういった業者も良心的なものではないと思われるので投資家予備軍と既存投資家達は騙されないように気をつけてほしい。

ここでもやりやすいのは区分所有のボッタクリ商法なので、間違っても単身用の「還付でもうけましょう」という話は・・・・

何を言われても聞かないようにしてくださいね。

最近バッドなブログばかりですが、社としては今日も売買取引はしていますw
光はありますので、前向きにいきましょう!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社SOSOGooホールディングの代表、帆足太一です。 サラリーマン時代で23歳の時、不動産投資デビュー。その一年後起業し現在に至る。「不動産投資業界を健全なもの、安全なものにして投資を普及したい。日本を元気にしたい。でも、一生を費やしてしまうかもしれない。頑張ろう。」