お金がないと参入しにくい収益不動産市況


昨日はソソグー不動産グループのTの昇進祝いをしてきました。
何を隠そう僕が推進して人事にも賛同してもらい昇進ということになったわけですが、若さゆえのエネルギーは頼もしいかぎりで僕自身期待を込めています。

そんなTですが、とある事業計画の相談でどうしても利益があまり出ないというので計画を見てみたんですが

短期的でほとんど借り入れ(自己資金を入れないと利息も増える)、収支計画にもストレスをかけ(入居率、修繕)、出口戦略も厳しい価格設定で見るという、金融機関顔負けの計画を作っていました。

まあ、複雑ではあるものの、数字をあげるべき立場にもかかわらず顧客の信頼を損ねる(損をさせる)提案はしないように考えているのは、大変好ましいことです。

顧客に利益・満足がないと仕事も増えないということですな。

お金がお金を産むので、元手も欲しいところ

さて、もともと現金などの資産保有状況は借主の属性判断で重要なポイントなのですが、買い進めていく以前に、そういう事業計画へのストレスとかける時にどうしてもネックになるのが

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績