不動産購入時に下手な交渉をすると案件が去っていきます






今日は僕自身もよくありがちな不動産仲介とその手数料についての悪手について書きたいと思います。

不動産投資で仲介会社なんどか購入したことがある人はわかることなのですが、仲介で不動産を購入するときに仲介会社の手数料も交渉したくなる時があります。

こういうと、「なんでケチな買主だ、こいつにはもう紹介してやらん」となりがちなので、先に言っておくと少なくとも僕は正規の手数料を払って購入することのほうが圧倒的に多いです。

手数料は金額によっては安くないのですが、総額から見た割合ではそんなに高いわけではないのでそれで事業の成功から失敗までに影響する可能性は低いというのと、この不動産業界の打率(紹介から商談数に対して成約までいける確率)は低いので、やっぱりそうそうケチるものではないというのはあります。

ところで、そのような案件で交渉したくなるのは、ただ物件情報を持ってくるだけで、こちとら不動産者なので融資のサポートもなければ調査もしない、挙げ句の果てにはまともに契約書作成までできない業者なんてのもいます。

その上で当初見込んでいた価格より上がってしまい、こちらも価格提示をさらに高く譲歩をした上で交渉をすることは、やはりあります。

というのも、我々不動産会社の価格査定というのはローン特約などは関係なく買える(買わなければならない)ことが前提としてありますから、融資がイマイチ希望額に伸びなかったからやっぱり辞めるというわけにはいきません。

したがって、仲介会社が大した仕事をせずにこちらが損をしているような感覚に陥ると、つい交渉することがありますし、すべきなこともあります。

しかしここで注意すべきことがあります。
自分が如何にそう思っていたとしても、他の買主で同じ何も言わずに買うような人がいた場合、あるいはいる可能性がある場合は、仲介者にとって自分はただの金にならない買主になってしまうのです(泣)。

「はい、そのつもりでどうにか調整します!」なんて気持ちの良い営業マンだからと言って満足して待っていたら…その案件ではもうお声がかからないかもしれません。

これは仲介会社の立場からの話ではなく、買主として後で反省したことであります。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!





ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績