交渉の過程で感じる郊外案件の狙い目メリット


郊外案件のことをしばしば書いているのですが、郊外案件は交渉しやすいシーンがあったのでそのことについて書きたいと思います。

場所はどことはかけないものの、福岡でいうと北九州とか久留米とかそういうエリアで、その中でも一等地ではなく、アパートも存在して入居はついているものの、近隣事例が少なかったり金融機関が少ないことから流動性の低いような案件になっていることが大半です。

このような案件の良いところとして、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績