ワンルーム業者は絶好調だけど、結局相手のために何ができるかの視点






こんばんは、どうにも不動産業界では住宅系以外でも新築ワンルーム系の業者が絶好調のようです。

どことは書かないものの区分所有を扱っている不動産業者は軒並み好調なので調べて見てください。不動産テックとは名ばかりで、いかにブランド化・効率化して損させる商品を売っているかというモデルにしか見えないのですが、似たようなこういう会社を上場させている審査基準はどうなっているのでしょうか。

新築や築浅の高額ワンルームを売っている会社の業績が軒並み好調であることに加えて、そういう上場企業以外の広告がInstagramやFacebookなどの広告でこれでもかというほど出てくるので今回取り上げました。

蓋をあけると、固定資産税などのコストを除いた説明でわずかなキャッシュフローや生命保険を全面的に押し出しています。

なんなら、マイナスのキャッシュフローでも堂々と売り込んでいます。

この楽天と提携されたDMは当社にもきていました。

広告費用がもらえればこんな『あなただけへの特別な提案』みたいなDM送っていいんでしょうか(泣)。

とはいえ、ここまでやっているということは、よほど将来のことを考えれない消費者とイメージだけで売り込む悪徳御者がたくさんいるということです。

数年後にはまた投資というだけでビクビクする人が生まれているのではないでしょうか。

ソソグー不動産は数字で納得して買っていただくというのをポリシーにしているのですが、その説明を理解できる人が果たしてどれだけいるのかという命題に直面しています。

当社以外でも、もっとまともな会社もあると思うのですが、やはりワンルームを一人に対して1〜2、3部屋サクッと売り込んで儲けていくスキームが効率がよくて広告経費もじゃんじゃん使えるからでしょうか。

そういうのを見ているとアパート業者なんてどこもまともな数字ですね。

しかし、近しい利回りで一等地のワンルームやビルを好んで買う高所得者や資産家などの富裕層がいますが、こうなってくると超長期的な資産形成として納得ができます。

不思議なものですが、今お金を余していてそれを相続なども含めて将来のために生かすのと、明らかに資産を食いつぶしていってどこかで損切りしないとやられてしまう可能性のあるマイナスキャッシュフローでの買い方というのは天と地の差があります。

先日ソソグー不動産に問い合わせをもらった投資家志望のキャッシュリッチな検討者なんかは、年金というよりも現金をかなり入れながら余裕のある賃貸業で入居者に寄り添っていきたい考えがあるということで、実際かなりの資金投下比率で購入していこうとしています。

まったく浮ついていないこの考え方が結局入居者にとって住み良い環境をつくり、余裕をもった計画がゆえにどう転んでも入居者さえつけば回るし、余裕のある計画だからこそ家賃を下げたりバリューアップする余力があるし、というグッドスパイラルをうみます。

不動産業界では入居者であろうとも恩を仇で返すような人がたくさんいるのですが、綺麗な心を持って取り組めるようにサポートしていく所存。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!





ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績