売却時の不動産会社の使い方 / 販売時の価格


こんばんは、いつもいつも仕事です。先日、ゾゾタウンの元社長の前澤さんがYouTubeデビューをしていたのですが、その内容が「1000億を記帳してみた」みたいなタイトルで、逆に心配になったというか残念な気持ちになってしまったのですが、なんとなく気になって閲覧してみると、なんというか嫌味のない感じで不思議な感覚でした。

有名な時の人というのもあるのかすでに数万回ビューがついていたのですが、いきなりユーチューバーといえる視聴数で、ここからもお金は生まれるでしょう。やはり環境を活かして行動することが大事ということは間違いありませんね。

不動産価格と不動産会社の選択

さて、今日は不動産売却に関わるエピソードです。

ソソグー不動産では、わざわざ出来ないことを自分たちにも他人にも迷惑をかけないスタンスなので、例えばメインで実需の戸建て住宅を売りたいという相談があった場合でも、自社の利益が減っても他社と手を組んで取り組みます。

それと同様に、自社が売主となる場合でも得意不得意や状況次第では、他社に依頼して手数料も支払うという、自社でも他社でもその時の環境でベストを尽くす発想で経営しています。

そういう動きをしていて、この度、自社の商品でぽろっと実需の住宅を扱うことになったので、とある不動産会社に任せたところ、数ヶ月経っても音沙汰がないので、売れないなら売れないで売り切るつもりだから値段下げたり提案もらえないか、ということを伝えたんですよね。

そうすると「2割さげませんか」と言うわけですよ。とてもおもしろいですよね(笑)。

小刻みならまだ理解できるのですが、いきなりこちらからの打診で2割というのは一般顧客だと炎上するレベルじゃないかと僕は思っていて、譲歩するとすれば具体的に購入を考えている方からの交渉ならまだOKですよね。

他社に任せることで自社でも気をつけるべきところが見えて勉強になったわけですが、今回の経験を踏まえて売主にできることが2つあります

ひとつは、いい顔していい金額を提示するところに任せるのは考えものであるということ。
不動産業界では常套手段ですが、査定金額を絶対に売れないレベルまであげて査定し、そのあと時間をかけて価格を下げさせる、みたいな方法がとられがちです。ソソグーは割と正直なので、一斉に査定すると嫌われがちですが高めに販売することもできるので、嘘をつくよりマシだとおもって当社を使って上げてください。

もうひとつは、早期に売るとか何かしら事情がある場合は、それにそってみずから短期でもアクションを起こすこと。
業界のほとんどの会社は成約型となっていますので、自分の望む成約に向けてお願いできる範囲はしちゃえばいいわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』