融資の種類はいくつもある場合があるので要注意






こんばんは、大きなお金を動かしていると感覚が麻痺していきます。

社員の報酬、テナント賃料、各種広告、オフィスのコストなど、数十万円〜数百万以上のお金が動くわけで、そういう単位でお金を動かすことになると、日常の生活においてはなんでも安く感じてしまい、これは非常に危険です。

ということですが、僕はすっかり極貧時代に取り組んでいたポイントを貯めることなんかを意識しなくなっていたので、少し意識して例えば100円使えば1%のポイントとか、そういうものを見直して改めて、倹約投資家の気持ちを思い出していました。

ところが、すでに時間対効果で取り組めるものはほぼ取り組んでいて、勝手にある程度貯まっては使っているし、せいぜいpaypayのチャージをクレジットカードを作らないと少し不便だと思うくらいのものでした。

それでそういう見直しや最適化の行動をとることは、そういう会社の運営コストとプライベートの感覚がごっちゃになるのを戻してくれるのは確かです。

どこまでいっても、支出が収入を超えると回らなくなるので、無駄な浪費は避けたいものです。

保証会社つきの申込のはずがプロパー審査でした。

さて、融資担当者も不動産担当者も経験不足だと齟齬が生まれます。

不動産の融資での相性というのは重要でして、A銀行で審査に落ちてB銀行で承認を得るというのは珍しい話ではありませんが、本人の属性、あるいは物件の内容、あるいは金融機関の特性、そしてそれぞれが相互的に作用するのも事実ですから、プロパー融資のハードルは上がります。

なので、今のご時世でフルローンやオーバーローンが

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について





ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績