売買直後の死亡による退去


こんばんは、毎日意思決定や商談、そしてお金(数字)の計算ばかりしているような気がします。

起業するときはこんなことになると思っておらず営業やコンサルで人も自分も成果を上げると思っていたのですが、お金に関わるサービスの上に経営もしていたらそれはもう数字ばかり見ています。

お金じゃなくても、目標も実績も全て数字で表すのは信用になります。

売買直後の死去による空室

さて、自分の数字どうこう前に前提として、投資家の実績にはこだわっています。

この実績でプラスにすることこそが長期的な信用を生むわけですし、ここは徹底しているのですが最近、購入していただいたばかりのアパートで死去による退去が出ました(泣)。

まさに潜在的なリスクというにふさわしい事態なのですが、大家業をやっていると確実にどこかで遭遇します。

築浅物件では少ないのですが、築古で家賃が低めな生活保護や年金で住んでくれている高齢者などが多い物件になってくると可能性として一定確率で発生します。

長生きしてまだまだ住んでもらえると思ったのですが、こんなにも早くお亡くなりになるとは・・・。

不動産管理会社にとってこういった報告を儲かってもいない状態で告げるのは非常に申し訳ない気持ちになります。

死去に関わることで色々話すのは非常に不謹慎ですが、ご冥福をお祈りするものの、大家にとっても管理会社にとってもお互いの信頼関係の構築という視点でもきつい出来事です。

不幸中の幸いといえば宅内死亡ではないということでした。

最近でこそ保険や保証などで原状回復ができる場合もあるのですが、古くからの入居者の場合はそういうものに入っていないので、退去するだけでもショックなのに最悪、荷物の撤去などの費用まで発生することになりますから、その上に宅内死亡で室内の被害なんかがあると、1、2年の家賃ではペイできなくなる可能性もあるからですね。

生活保護や高齢者ばかりが住んでいてドル箱状態な案件を好む人もいるし、実際に5年以上退去がなく家賃が計画通り入り続ける案件もあるくらいなのですが、こういうこともあったり不動産投資というのは同様の選択肢をとった場合でもそれぞれにの要素もあるとしみじみ思います。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績