緊急事態宣言解除県多数、どうなる日本!? / 伸びている飲食サービス


緊急事態宣言と人々の動きなどについて僕なりに予測していましたが、福岡は解除される方向で固まったようです。

○緊急事態宣言、39県で解除へ 14日の専門家委了承経て正式決定

まあ、解除されなくても我慢できないお店はもうコッソリ20時以降も営業していたりと、やりたい放題の一歩手前の状況にもなっていましたし、感染者も減っているしということでなんか昼間を中心に活気が出ている様子に変わっていました。

これで解除されるとなるとまた一気に感染者が増えだすのか気になるところでもあるのですが、日本では感染者がどうにも少ないので、他国の統計があまり意味をなさないようで、まあワクチや特効薬が出来るまでは自粛気味の行動をしていくべきではあると思いますが、感染者が減り経済が動き出すということは投資家や商売人にとっては好ましいことです。

ただ、福岡は(日本全体にも共通しますが)、インバウンド需要で儲かっているお店も多かったので、緊急事態宣言が解除されたところで世界の新コロナウィルスに対する状況が良くならない限りはなかなかV字回復ということでも無いと考えたほうが良いでしょう。

解除されたあとの2週間後が非常に楽しみですね。

すでに将来への展望は、やはり5月末にかけてといえます。

今、伸びている飲食サービス

さて、そういう一喜一憂な状況ですが、売上が増えているような業態の飲食店もあります。

それはお察しのとおりテイクアウトです。

僕が担当している投資家のお客さんでもいるし、そうじゃないお店でも、もともとテイクアウトのお店に聞いてみたところ、やはりプレコロナよりもアフターコロナ(ナウコロナ)のほうが売上は伸びているということでした。

「大きな声じゃ言えないんですけど、うち忙しくて仕方ないんですわ。(店主)」という感じなのですが、一言でいうと儲かっているということです。

飲食業態でいけるところまで借り入れしていったる!となんとなく突っ走っている人も多いと聞くので、展開する事業の種類を通常の店内飲食モデルからテイクアウトに切り替えるとか、やるべきだということがこういった実例からも言えます。

ソソグーでもそうなんですが、利益率を中心に考えた事業展開をするならば、僕の得意分野である収益物件の売買に人材を集めてそればかりやるのが利益を増やすという点では合理的です。

でも、投資家へのワンストップサービスの提供は経営方針として大前提というのもあるし、やはり何かのサービスがオワコン状態になってしまったときに同じような影響を受けないような事業を持っておくというのは、特にお金扱う仕事では重要と考えています。

同じようなお店を何十店舗も拡大している人がリスキーと言われると、それもまた違うのですが、予想外のことが何も起きない前提でやるのは経営としては非常にリスキーですよね。

そういう点では、サラリーマンを続けたままの不動産大家なんて最高ですね。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績