インボイス制度についての所感


3月最後の連休が終わろうとしています。
ここで空室のままの物件は苦労することになりますが、郊外や築古系の物件は除きますが、築浅などでなぜか空室のままの物件は何かしら原因があるので、早急に見直したほうがいいと思います。

インボイス制度についての所感

さて、今日は景気が非常にネガティブになってどこまで長引くのか予想できない状況ですので、ネガティブ関連のインボイス制度について少し考えてみました。

ちょっと難しい(難しそうな)内容が書かれてますが、詳しい説明は僕ではなく以下にリンクを用意しています。読んでみてください。

○消費税10%が適用されない「軽減税率制度」|建設業へのメリットは?

○国税庁-仕入税額控除

○インボイス制度とは?2種類の消費税率へ対応するポイントを徹底解説

○インボイス制度で請求書が変わる!個人事業主が注意するべき点は?

これらの制度を見たときに、一番の打撃を被るのは年商1000万円未満のフリーランスや自営業者です。

年商(=1年間の売上)が1000万円に満たない自営業者というと、ほぼすべてが自分の人件費で形成されているフリーランス(ここではITやWEB関連の自営業者のことを指します)が該当しますが、ちょっとした職人さんもこれに該当します。

年間数百万円でぼちぼち働いている方も多いのですが、こういった人たちの多くは中小企業と仕事をしていて、消費税を支払わない免税業者というものに該当するので11000円(内税1000円)の仕事をしても、1000円を納税する義務はなく11000円がまるまる報酬ということになっています。

これまで、この免税業者に支払った11000円でも、支払ったほうは1000円の消費税を払ったことになっていましたので、相手が免税業者だろうが課税業者(消費税の納税義務がある事業者)だろうがそれが判断基準になることはありませんでした。

しかし、今回のインボイス制度が実際にされてしまうと、この支払ったほうの1000円の消費税が認められなくなってしまうので、税込みで見たときに同じ金額の仕事だったら課税業者に依頼することになます。免税業者は消費税の分を請求しなければ課税業者と同じ状況になりますので、ただしわ寄せは際どく免税業者としていい塩梅で商売をやっている小規模事業主が痛い思いをすることになります。

正直、この制度を制定している人はアホとしか思えません。ただ税収を増やしたいのであれば免税業者というシステムをなくせばシンプルだからです。

しわ寄せは不安定な小規模事業主にいくわ、課税業者にとっても確認や処理の手間が増えるわ、結局税務署も莫大な取引先があるなかでこのルールを守っているか、不正をチェックしていくのは容易でもなく、不毛な制度です。

断固反対していきたいところですが、僕たちはとにかく稼いでお国のために税収を増やしていく選択しか残されていないのかもしれません。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績