地上げ屋の独自性 / 財務指標を気にすると身動きがとりにくい


今日も1件、不動産買取での契約を行いました。これは、アパマンショップのサブリース案件でしたが、案の定どれくらいの賃料で賃貸しているかがわからないというやりにくい物件です。

サブリースは解約してくれる手筈となっているものの、賃料が開示されないので予想(相場賃料)より安く賃貸している場合は、収益物件としての価値は落ちてしまうので、ドキドキの案件です。

こういう案件でもポジティブに取り組んでいくのですが、不動産会社は風上物件などというそんなウマい話は滅多なことでは舞い込んできません。

その点、地上げ屋というのは根性や目利き、類まれなるコミュ力を駆使して、売主が売ってくれる物件を自ら探していきます。

なんか地上げと言うと無理矢理何かをするようなイメージも出てきますが、良心的にやっていればイチから売り物件を発掘してくるトップ・オブ・ザ・川上!です。

財務指標を気にすると頭でっかちになる

さて、いつものことですけれど、サービスを提供していく会社としてさらなるステップアップを目指していくには、財務分析やそこからどういうふうにしていくか、といったことを考える必要があります。

これを考えたり指標と照らし合わせていくとどうなるかというと、在庫を大量に抱えず、借入には過度に頼らない、利益を出して貯金する(内部留保)、などそういうことになります。

確実に大家業は経営指標としては苦しいモデルなので返済年数が長かろうが、評価額があろうが、一つの企業としては借り入れ過多で危険先でんな、となるわけですが、ここを作文だったり不動産の積算や収益評価をみて個別検討をしていくわけです。

しかしながら、借入に偏っていくにはやっぱり途中で行き詰まるので戦略は確実に必要であり、その戦略にあたってどこまで世間一般の指標を自身にハメるのかが難しいところで、これを採用しすぎても手堅い経営しかできないし、頭でっかちになってしまって身動きがとれなくなっていきます。

この業界は資金力が物を言う世界でもありますので、リスクテイクしていくといっても、やりすぎるとそのリスクすらとれなくなります。だから、頭でっかちにならず金融機関が優良と思ってくれる属性を作っていく必要があります。

お知らせ

会員になるとすべての記事が無料で読める!
ブログ会員について

【オンラインサロン】
収益不動産業界の健全な発展と、投資家同士の交流を主な目的としています。月額1,000円で不動産情報の先行公開、融資情報も配信しています。興味のある方はコチラ↓。
SOSOGooインベスト研究所

【物件情報メルマガ】
物件情報配信をご希望の方はこちら

【帆足関連の各種サービス】
株式会社SOSOGooホールディングスホームページ
ソソグー不動産投資情報WEB
収益不動産専門のソソグー不動産
格安マンスリー運営・運営代行の『BORDERLESS』
コストパフォーマンス×デザインの工事なら『ソソグーワークス』
WEBで完結する清掃サービス『Fクラウド清掃管理』
間借りマッチングサービス『MAGARI ICHIBA』
飲食プラットフォームサービス『CURRRY MAFIA』

【求人】
事業方針に共感していただけるメンバー募集中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

・ 100人以上のメガ大家、脱サラ大家、サラリーマン大家になる要望を達成
・ 購入から売却を経て利益につながった当社サポート投資家は100%
・投資家の売買リピート率 75.4%※紹介含む
・新築から築40年超えの投資案件まで幅広く提案する不動産投資プラットフォームサービスを提供

不動産投資家を目指す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』
>メディア等掲載実績