シーンを選ばないバランスの良い『焼鳥 森本』


こんばんは、今年も残すところあとほぼ1日です。今年の思い残しはないでしょうか。

僕はこの間今年の振り返りと来年の目標を立てたので、もう思い残しということはないのですが、忙しい合間にも美味しいものは食べてはいるので、不動産で動かない時間は久しぶりの食レポを書きたいと思います。

今回のお店は、焼き鳥のお店森本というお店です。

シーンを選ばないというのは、少人数用ではありますが個室もありカウンター席が10席ほどあるお店となっていて、しかも内装がちょっとしたお寿司屋さんのような構えになっているので、デートやビジネスシーン、ゆっくり話したいときにも向いているという感じです。

この森本では、大分のブランド地鶏「豊のしゃも」を使っているということで、創作感はないのですが良い素材を丁寧に焼き上げしっかり味わえるのがグッドです。

見ずらいですがメニューは基本コースのみでこんな感じ。

最初はサラダから。

その後は鶏ガラスープが出てきます。
この日もおつかれ気味でお店に着いてすぐは食欲がいまいちなかったのですが、こういう流れになると次の飯はまだか!となりますね。

徐々に串がきますが、串とそれ以外のメニューは入り混じって出てきます。

奇をてらった要素はないのですが、やはりブランド地鶏というだけであって食感や味わいはとても美味しいものでした。

後半にかけてタレ系の串が出てくるので、白ワインから徐々に赤ワインに変えると勝手にワインペアリングした形で楽しめると思います。

そして最後に、他の焼き鳥屋さんではあまり出てこないのが、卵管とちょうちんです。

未成熟卵とその名のとおり卵管なのですが、あっさりした卵と思って食べると、とてもとろりとした食感で、これを出す店は少ないのでぜひ行ってみてほしいポイントでもあります。

どうやら夫婦らしい店主と女将さんなのですが、それぞれがよく気を利かせてくれて美味しく食べることに集中できるのもこのお店の良い点です。

また、一人5,000円のコース料理でドリンクを2,3杯飲んでも、一人7,8千円程度ですが、決して安いとは言えないものの福岡の繁華街で雰囲気も良いお店としては、お手軽(コスパグッド)だといえます。

【おすすめ度】
★★★★☆

○焼鳥 森本
福岡県福岡市中央区春吉3-11-19 パノラマスクエア博多 2F
090-9595-1129

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』