たまには抹茶を飲みながら打ち合わせしよう!姪浜でオープンしたての抹茶カフェ HACHI(ハチ)にいってきた。


HACHI(ハチ)

わたしが行った店舗は2015年12月にオープンしたばかりのようで、店内はきれいでした。

雲丹しゃぶ(雲丹のソースで食べるしゃぶしゃぶ)のお店と併設されています。

さて、今回はティータイムにお茶を飲むために来たので、文字通り抹茶を注文しようと思います。

詳しいメニューはコチラ

 

コーヒーが好きなのでコーヒーを飲みたいところでしたが、滅多なことでは抹茶を飲む機会もないですからね。

 

テイクアウトも出来るようです。

わたしはテイクアウトはコンビニコーヒー派なので無縁ですけどね。

ということでわたしは「宇治の雫」を頼みました。

どうやらHACHIのなかでもオーソドックスな抹茶みたいです。メニュートップにあるし。

席で待つこと5分ほど

運ばれてきました。

f:id:taichihoashi:20160131180907j:plain

器が大きくてなんとも抹茶らしいです。

お茶請けにどら焼きがついてきました。

ランチもがっつりだったので控えたいところではありますが、隠れどら焼き好きなので食べようと思います。

部活で毎日運動してた頃はおやつに何枚も食べてたなぁ。。。

その分ニキビとして肌に現れてたけど。

そんなコトも遠い昔、では抹茶からいただきます。

うん。

苦い。

そしてシブい。

そりゃそうたよね、抹茶だもんね。

抹茶といえば、よくある抹茶ドリンクとか抹茶アイスとかの抹茶の味のイメージがわたしには刷り込まれているので、少し驚きました。

でも安定の甘さ&美味さのどら焼きとよくマッチして最高です。

600円でどら焼きつきってのもいいよなー。

お茶=喫茶店でコーヒの方程式ができているわたしも、たまにはコーヒーではなく抹茶も良いと思ったのでした。

雲丹しゃぶはまた別日で行ってきますので、乞うご期待。

HACHIの地図

まだグーグルマップには表示されていないのと、元々居酒屋の竹乃屋があったみたいでマップには竹乃屋が表示されています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はやりのIT×不動産会社の社長です。
収益不動産とテナントのプラットフォームサービス、それに関連性のある事業をしています。
『収益不動産日記』カテゴリーは良くも悪くもこの業界で起きることを出来る限りオープンに書いています。投資を志す方は最低でもタグ〈不動産投資の心得〉をお読みください。
>プロフィール『帆足太一のルーツ』