バランスの整っている物件の少なさたるや


おはようこざいます。

ソソグーの仕入れ担当、帆足です。連日、物件を目利きして取捨選択していっています。

連日の売買決済もあり、案件がとても枯渇していっています。

あらかじめ予想をたてて強気で情報・物件を仕入れておけよ、という話ですが、どうしても資金力とのバランスを考えてしまうと、いつでも180度方向転換できるマージンを残してしまうのが私のよさでもあり、よくないところでもあります。

そんな中、空きだらけだけど資産性はそれなりに見込めるため、面白い投資物件になりそうな案件があったので煮つめているんですが、どうにもその資産性が価格を下げきらない要因になっていて家賃設定を相場に合わせると利回りが合わない(泣)。

資産性があるから古くても長期返済で組み立てた案件にするかなど熟考しています。←これが属人的になる理由ですね。

バランスの整っている案件が少ない

今、売れている、申し込みが入っている物件の多くは、それなりの利回りでそこそこの積算評価がでて、古すぎない、そして遵法性も問題ない、などそんな感じです。

それはそのはずで、融資が通りやすいのがそういうバランスのいい物件になるので、極端な話、入居がつく物件で、融資を含めた収支計画も見通しが立つなら買う、という方も多いんですが、某コラムなどで書かれているような高利回りだけど、郊外すぎて金融機関に苦労するなどは、どうしても現金のプレイヤーにしぼられてくる傾向にあります。

それはそれで好きな投資家がぽろっと買ったりするのでいいのですが、私の想いとしてはお金持ちじゃない層まで、小規模でも投資をやってみてほしいという気持ちがあるので、今日もまたバランスのいい物件を見つけるべく動いていきます。

なお、他の不動産会社から情報収集していてもやはりどこもひと癖、ふた癖あるような物件ならある、という状況のようです。安定した経営が見込めるなら融資を引き出す方法を作り上げるのが必要なのですが、銀行統合時代にどこまでやれるか…以上、現場です。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社SOSOGooホールディングの代表、帆足太一です。 サラリーマン時代で23歳の時、不動産投資デビュー。その一年後起業し現在に至る。「不動産投資業界を健全なもの、安全なものにして投資を普及したい。日本を元気にしたい。でも、一生を費やしてしまうかもしれない。頑張ろう。」