オーナーの物件でまさかのあの人が不法占拠していることが判明しました。②


無事、不動産オーナーにはなんとか不利益のない形でまとまりそうです。

オーナーの物件でまさかのあの人が不法占拠していることが判明しました。

随時、相談をうけつつ、同業として悲しいことですが、相手の落ち度、主には宅建業法違反と刑事告訴でつつくことになりました。

報告していたという一点張りで契約書の写しなんかも送ってきたんですが、結局、貸主の印鑑もなければ管理会社の印鑑もなく、自分で自分を仲介してるといったような、ど素人がつくった契約書になっていたんですよね。

バタバタ作ったんでしょう(泣)

八方ふさがり

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社SOSOGooホールディングの代表、帆足太一です。 サラリーマン時代で23歳の時、不動産投資デビュー。その一年後起業し現在に至る。「不動産投資業界を健全なもの、安全なものにして投資を普及したい。日本を元気にしたい。でも、一生を費やしてしまうかもしれない。頑張ろう。」